2008年05月31日

金がないから何もできないという人間は、金があってもなにも出来ない人間である。

「金がないから何もできないという人間は、金があってもなにも出来ない人間である。」

阪急創業者、小林十三の言葉です。

先日、衆議院議員になるべく奮闘中の早川周作さんとスタバでお茶しながらお話する機会があったのですが、その時に教えてもらいました。

早川さんは今でこそ多くの支援者と、少なくないお金を動かす、まだ若いのにとても影響力のある方ですが、スタート時は家庭の事情から無一文に近い状況だったそうです。まさに、お金がなくても何かができる、力強い人と感じました。

早川さんによるこの小林氏の言葉を引用しながらの、何もない人間でも何かができるという話には、私もとても共感できました。

私の起業の原点にも、大した資金も、コネも、技術も経験も、これといった独創的なアイデアがなくても、何かができるということを示したかったという部分がありました。自分が身を持ってそれを実証することで、自分の周りの人々に刺激を与えられると思っていました。

一方で、小林氏のこのストレートな指摘は、今の自分の状況に照らしてみると、とても耳の痛い指摘となっていることに気づきました。

今、私の事業の運営上の課題でも、いくつかの項目で、「資金があれば状況を好転できる」「資金がないので今はちょっと手がけられない」というような考えが、少なからずあったのだと思い当たらされたのです。

お金がなくても何かができること実証してみせると息巻いていた自分が、お金がないことを理由に行動を起こしていなかった。恥ずかしいことです。

資金がないならないなりにできることを進め、資金が用意できた際にはより大胆に、やりたいことやるべきことを実現して行きます。
posted by miyohiro at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 賢者の至言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

オフィス移転のお知らせ

オフィス移転のお知らせ

この度、Huojin Japan株式会社は下記の通りオフィスを移転することとなりましたので、お知らせいたします。これを機に、更なる努力をもって皆様のご期待にお応えしてまいる所存でございますので、今後とも一層のご支援ご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。

□移転先住所
 〒108-0014 
 東京都港区4-6-7 塚田ビル5F (地図)

□最寄り駅
 都営三田線 三田駅(A9番出口)から徒歩5分
 JR山手線 田町駅から徒歩10分

□連絡先
 TEL 03-6436-0803 (代表)
 FAX 03-6436-0807


□地図
 

大きな地図で見る
posted by miyohiro at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 社内のこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大連ソフトウェア産業協会日本企業分科会

弊社中国側拠点である、Huojin Dalian Co., Ltd.(大連活今信息科技有限公司)は、大連市のIT企業集積基地である、ハイテクゾーン(高新技術産業園区)というところにあります。

ハイテクゾーンオフィシャルサイト:http://www.dlhitech.com/

ここには、2300を超える企業が集まっており、うち外資は600社ほどだそうです。

日本からも多くの企業が進出しており、弊社もそのうちの一つなのですが、ここに「大連ソフトウェア産業協会」という政府系(大連市政府情報産業局)の組織があり、さらにその中に、日本企業分科会、という会があります。

これは、大連市に進出している日本企業または主に日本市場向けに事業を展開しているIT企業が集まり、相互に協力してより良い経営環境を作っていこうとする会です。

この会で、私も理事の一人として、微力ながらお手伝いさせて頂いております。

ここでは、主に以下のような活動を通して、会員企業の経営のサポートをしています。

・法/制度に関する勉強会の開催
・会社運営上の事例を使った対応方法の情報共有
・会員企業からの法制上や会社運営上の疑問点への調査の実行とその情報共有、解決のサポート
・会として保険サービスなどの契約主体となり、大口契約を行うことで会員企業一社あたりのコストを引き下げる(取り組み中)

こういった業界コミュニティにありがちという、単なる飲み会や雑談の場にはなっておらず、上記の他、仕事の紹介や、かなり踏み込んだ情報共有など、実際的なサポートを数多く実践しています。私もこの会には大変助けられています。

会の中心人物である大連亜舟社の李社長や、事務局を担当してくださっているDTS社の馬場駐在員事務所代表、そして情報産業局から頻繁に助言に来てくださる孫常務秘書長(大連ソフトウェア産業協会責任者)など、熱心な構成メンバーにより、この会は非常に楽しく有意義に盛り上がっています。

私も、この大連の地への恩返しのつもりで、当地のIT業界を盛り上げる一助になれればと思っています。

2008年05月22日

2008年5月〜6月東京滞在日程

今、東京に来ています。

6月8日〜6月13日までは、カンボジアへ視察に出かけていますが、それ以外6月30日まで東京にいます。

もし、どなたか情報・意見交換などして頂ける方がいらっしゃれば、お気軽にメールください。

メールアドレス:miyohiro+blogあっとgmail.com
(「あっと」部分を半角の@マークに変えてください)
posted by miyohiro at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月16日

中国の労働契約法について。3

5/9のエントリーで、改定労働契約法の具体的な変更点について述べました

今回は、その変更によって、我々外資系BPOサービスプロバイダーがどのような影響を被るのか、そしてそれに対して私がどう考えるのかについて、書きたいと思います。

新しい労働契約法の規定を受けて、

・これまで対象外だった社員も、社会保険への加入が義務化
・バイト契約、短期契約となっていた社員の契約形態の、正社員への締結し直し
・未消化の有給休暇の買取が義務化

など、直接費用が発生するものがいくつかあり、会社によっては30%以上管理費が増えるところもあるのではないでしょうか。(社会保険は手取り給与の30%〜となっています。)

弊社の場合は、パートタイムワーカーが占める割合が、同業他社に比べて高かったため、一部正社員に登用するなど、なかなか大きな影響がありました。

また、正社員は2度連続して契約を更新すると、終身雇用契約に切り替わりますが、これによって雇用が硬直化するかと言うと、必ずしもそうではないと感じています。

今回の改訂によって、会社は人材が契約期間中に離職しないように、違約金を課すことができなくなりました。

実は、これによって離職を抑えられなくなるという面の方が、終身雇用によって解雇できない、という状況よりも、圧倒的に多いように思います。今回の改正によって、人材流動性は、より高まったと見るべきでしょう。

また、離職意思がない社員は、いつまでも会社にいられるわけですから、上記の離職率のリスク上昇と合わせて、一つの結論を導き出せます。

それは、今まで以上に、社員に対する教育・トレーニングが重要になってくる、ということです。

残りたい社員を、使えないままにしておく無駄は許容できません。何がなんでも使える人材になってもらう必要があります。

また、離れたい社員は、より良い環境と、より良いキャリアを求めています。他社よりも成長できる機会を用意することで、会社の魅力を高め、しいては傾向として希薄と言われている帰属意識を高めることも期待できます。

そして、最近弊社は社員研修への投資を、従来より大幅に増やしました。

結果に現れるといいなぁと思っています。

弊社の目標の一つは、弊社を「卒業」する社員が、どの会社に行っても活躍するような、人材輩出企業になることです。教育により力を入れるという対策は、この目標とも合致する対策です。というわけで、この面から見れば、今回の法改訂は弊社にとって特に騒ぐほどのものでもない、というところです。

ただし、事業として規模を拡大していくことになると、いささか不都合もあります。

次回は、事業規模という観点から、今回の法改正の影響を述べてみます。
posted by miyohiro at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

四川大地震

四川の大地震、痛ましい続報が続いています。今日の朝のニュースの時点では、死者は12000人を超えています。

このニュースを受けて、実に多くの方が、「大丈夫か!?」と連絡をくれました。
中には普段滅多に連絡を取り合うことが無い方も。ありがたいことです。

四川省と、私が今滞在中の大連市は1000km以上離れており、わずかな揺れもこちらでは感じませんでした。
というわけで、私自身は、何事もなく無事に過ごしています。

影響があったとすれば、弊社の提携拠点の一つが四川省と程近い西安市にあり、そこで走っていた業務は(当然ですが)止まってしまったので、一部の納期を逃したり、その他の拠点に業務を分散させる必要が生じ生産性が落ちたり、ということがありました。

西安市でも、震度5クラスの揺れが今日までに18回もあったようで、死者も100人以上出ています。
ソース:http://news.qq.com/a/20080514/000413.htm

以下は、西安の地震直後の映像です。

上海や北京などでは、震度は2程度の揺れだったそうですが、それでも人々はビルから一斉に避難したり、証券取引所が止まったりするなど、やはり中国の人々にとって地震は未知の恐怖そのものなのでしょう。

一日も早く被災者の方々が平穏を取り戻せるよう、祈るのみです。
タグ:中国
posted by miyohiro at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

中国の労働契約法について。2

さて、今回は5/4のエントリーで取り上げた、新しい労働契約法の具体的な内容についてです。

かいつまんで最重要点を述べると、新労働契約法では、雇用側からの契約解除が極端に困難になったことと、2回以上の連続契約更新などの一定の条件を満たすと、終身雇用(無固定期間)契約に強制的に移行されることです。

その他、労働者側の権利が大幅に強化される内容となりました。
これまでの、1年毎に契約更新していればよかった状態からすると、かなり極端な変更です。
非常に中国らしい展開で、初めてこの改正案を読んだ時には思わず吹き出しました。
しかし、労働者にとって、これまでがそれだけ不利だったということでもあり、長い目で見た経済成長にはプラスに働くのでしょう。

ただ、我々のような中小企業には非常に大きなリスク要因の増大であり、多くの経営者が頭を悩ませられているのも事実です。

また、今回の法改正で、人材派遣(労務派遣)に関する規定が明文化されました。
これまで、人材の派遣に関して明確な規定がなかったようなのですが、今後は、雇用することに対するリスクが増してくるので、雇用者としての責任を部分的に負担してくれる労務派遣のサービスを活用することの重要性も増してくることになるでしょう。

その他の重要な変更点について下記にまとめます。

・フルタイムワーカーとは、出社日から1ヶ月以内に必ず労働契約を結ばなくてはならない。
・1年以内に労働契約を結ばなかった場合は、自動的に無固定期間契約とみなされる。
・労働契約を結ぶ際には、身分証を預かったり、保証金を積ませたり、契約解除による違約金を設定したりしてはならない。
・フルタイムワーカーには、全員保険などの社会保障制度に加入させ、会社が相応の負担をしなければならない。
・試用期間を過ぎると、原則会社は従業員を解雇できない。(例外はあるが条件は厳しい)
・契約期間中に解雇する場合は、企業は経済保証金(退職金)を支払わなければならない。
・人材はいつでも辞めることができ、会社はそれにペナルティを課すなどの防止手段を取れない。
・一年を通して未消化分として残った有給休暇は、一日あたり給与の3倍の金額で、残存日数分を会社側が買い取らなければならない。
・所謂アルバイトをフルタイムで活用することはできない。アルバイト契約は、一日4時間を超えず、週累計が24時間を超えない範囲でのみ可能。それを超えるとフルタイムの労働契約を結ぶ必要がある。
・就業規則や賃金規定などを改訂する場合には、従業員の代表会への説明と、意見の収集、それを元に再検討、再度説明、という手順を踏まなくてはならない。

などなど。他にも変更的はありますが、現実的に影響の度合いが高いのはこの辺りだと思います。

次回は、この変更が、我々中国に拠点を構える外資系BPOサービスプロバイダーにどのような影響を与え、どう対応していくか、私の考えを書きたいと思います。
posted by miyohiro at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

大連にて母校の集い

昨夜は、念に数回開かれる、「大連三田会」の会合があり、参加してきました。

大連三田会とは、私の母校でもある慶應義塾大学のOB会組織、三田会の大連支部です。

元々様々な地域やコミュニティ毎に多様な分派がある三田会、私も以前から体育会空手部のOB会組織である三田空手会には所属していましたが、この大連の地にもその一派があったことには驚きました。

大連三田会の主な活動は、年に数回開かれる親睦会や送別会と、春秋のゴルフ早慶戦です。

早稲田の稲門会も同様かと思いますが、このOB会の結びつきの強さには本当に感動を覚えます。

昨夜も、参加された先輩の一人に元応援指導部(所謂応援団)出身の方がいて、会の締め時に応援指導部のエール交換の要領で、塾応援歌である「若き血」を大合唱し、初めて会う方々も多い中、まるでこれまで苦楽をずっと共にしてきたかのように肩を組み合って、笑い合っていました。

大連には約3000人の日本人の登録があり、届出の無い人も含めると、その数は7000とも10000とも言われています。(正確な統計はないようで、この数字にもどれほど根拠があるかは分かりません)

他にも大連には、大学のOB会や県人会、趣味や仕事で繋がるコミュニティなど、狭い日本人社会をさらに狭くするコミュニティがいくつもあります。

異国の地であっても、日本本土の強いつながりが活きる街。大連の仕事のしやすさの一因となっているのは間違いありません。
タグ:中国 大連
posted by miyohiro at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月04日

中国の労働契約法について。1

中国という国は、社会主義国家という看板のわりに、労働者にとってかなり厳しい法体制を持った国でした。

2007年末までの中国では、労働者は基本的に会社と期限付き契約を結び、通知期間さえ確保すれば(またいくつかのそれほど厳しくない条件さえクリアすれば)、会社はいつでも契約を解除することができました。

特殊技能を持つ専門職や高級職を除く一般の職では、その契約期間も1年間というものが多く、例え15年連続で契約を更新していても、ある年突然契約不更新を会社から通告されれば、労働者はなすすべもなく職を失う、という状態でした。

中国全土の全ての「正社員」が、日本で言う契約社員と同じような状態だったのです。

これは、資本側(経営側)にとって非常に有利でやりやすい状況を整え、労働者の生活の改善よりも、資本市場の発展を優先させる、政府の「成長路線」に則った戦略でした。国が発展するためには、人民に苦労をかけてもとにかく会社を儲けさせて、高成長を遂げることが重要だと、この数十年の中国政府は考えていたわけです。

しかし、ここ十数年の急成長の結果、貧富の格差は深刻な社会問題となり、人民の不満は抑えきれないところまで来てしまっていたようでした。

そこで、昨年中国政府は、労使の根幹となる法律、労働法と労働契約法のうち、労働契約法を大幅に、そして資本側からすればあまりにも極端に、改正案を発表しました。

草案が発表された当時は、そのあまりに極端な内容に資本側が猛反発し、中国政府は資本側の要求をどこまで反映させるのかというようなことが噂されたそうです。例えば、米ウォールマートは、この法改正を通すならば、全店舗を中国から撤退させるとまで見得を切ったそうです。直接の雇用とそれに連なるバリューチェーンの規模で、数万とも数十万ともいえる雇用に影響力を持つウォルマートの発言を政府は無視できるのかと注目されたそうですが、有識者は、労働者の党であるはずの共産党が、これ以上資本側におもねる態度は取れない、党と国の面子にかけてこの法改正を通すだろうと話していました。

そして、その予想通り、改正案は議会を通過。本年2008年1月1日からの施行が決定されました。

法改正の詳しい内容については次回。
posted by miyohiro at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

絶対に負けない。なぜなら勝つまで戦い続けるから。

「俺は、絶対に負けない。なぜなら、勝つまで戦い続けるから。」

ホンダ創業者、本田宗一郎の言葉です。
屁理屈と言えばそうかもしれませんが、一つの真実であるとも私は思っています。

彼がこういう言葉を残していたことは、実は最近知りました。
しかし、この考え方は、私が起業を決意した際に常に心の中にあった考え方でした。

下記リンクにある和田経営事務所さんの記事によると、毎年120万人程度の創業希望者がいて、そのうち40万人程度が実際に創業し、5年生存率が25%程度だそうです。つまり、5年以内に、30万人が廃業していることになります。
和田経営事務所:http://www.wadaoffice.jp/entrepreneur/
(データはちょっと古いですが、出典は中小企業白書などのようです。)

そんな中で、私には創業に際しての迷いは一切ありませんでした。
成功するまで続ければ、失敗することはない。この考え方が、とても自然に思えたからです。

私がこういう考えを持っていたことと、本田宗一郎氏が冒頭の至言を残していたこととは、きっと無関係ではありません。

思えば、本田宗一郎は私の原点でした。

本田宗一郎は、私の父の最も尊敬する人物でした。

父は、戦後直後の生まれで、中学生の頃には本田宗一郎に憧れて本田技研に入社することを決意していたそうです。その後、父はそれを実現し、新卒から定年退職まで、ホンダ一筋に勤め上げました。

余談ですが、私が起業という道を選んでいるのも、就職というものは父のように強い想いがあって初めてするものだという意識があったからです。そして、幸か不幸か、大学卒業まで私にはそういう存在となる企業はありませんでした。しいて言えばホンダがそうだったのかもしれませんが、父と同じはなんとなく嫌だったのです。

閑話休題。
父は、私が幼い頃から折に触れてホンダの凄さを私に語ってくれました。

小学生の頃、ある日気づくと、漫画本だらけの私の本棚に本田宗一郎の自伝漫画が紛れていました。
読んでみろとの父の無言の(にしては饒舌な)メッセージでしたが、私はそれを何度も読みました。
子供心に、素直に面白いと、凄い人だと、感じたのでした。

以来、私にとっても、本田宗一郎は尊敬する偉大な先達の一人になりました。
その後幾度も触れた彼の軌跡や言葉の一部が、自然に私の中に残っていたのだと思います。

さて、今日もホンダは自動車市場で、そしてF-1レースで(来週はトルコGPですね)、世界的な勝負を展開しています。

私も、まだまだ小さな小さな力ではありますが、徐々に世界への影響力を高めていきたいと思います。
posted by miyohiro at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 賢者の至言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カテゴリー説明:フオジンの軌跡

このカテゴリーでは、フオジンがこれまで辿ってきた道を想い起こしながら綴っていきます。創業前のこと、起業に至るまでの道筋、創業後のエピソード、経験した主なエピソードなどを紹介します。
タグ:起業 創業
posted by miyohiro at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | フオジンの軌跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月30日

カテゴリー説明:心に一滴。

このカテゴリーでは、私の趣味であるスポーツや文化的活動、プライベートの時間などであった、思わず共有したいような、または心を潤すような出来事を紹介していきます。個人的な話なので、ほどほどにしておきます。
ちなみに趣味のスポーツは、空手、総合格闘技、ゴルフ、テニス等。
文化的活動は、写真、絵画鑑賞、読書、漫画、ゲーム、音楽鑑賞、旅行等。
posted by miyohiro at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に一滴。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カテゴリー説明:社内のこと。

このカテゴリーでは、フオジン社内で起こったこと、仕事風景、取り組んでいることなど、我々がどんな会社なのかを紹介していきます。
posted by miyohiro at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 社内のこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カテゴリー説明:私の本棚

このカテゴリーでは、ジャンルを問わず、私が読了した書籍について紹介していきます。過去に読了し印象に残っている本などにも触れていきます。
posted by miyohiro at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カテゴリー説明:ビジネスコレクション

このカテゴリーでは、私が面白いと思ったビジネスモデル、製品、サービス、アイデアなどを紹介していきます。
posted by miyohiro at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネスコレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カテゴリー説明:賢者の至言

このカテゴリーでは、経営者の先達、成功者、見識深い人々の言葉や考え方から、何かを学ぶヒントを探っていきます。
posted by miyohiro at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 賢者の至言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カテゴリー説明:Road to CEO

このカテゴリーでは、私が経営者として学んだこと気づいたこと、反省したこと、ぶちあたった困難等を綴っていきます。
posted by miyohiro at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Road to CEO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カテゴリー説明:BPO・オフショアリング関連情報

このカテゴリーでは、BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)やオフショアリング(業務の海外移管)についての有用情報やノウハウを伝えていきます。

カテゴリー説明:日記

このカテゴリーでは、日々得たこと、感じたこと、考えたこと、出会った人々のことなどを綴っていきます。
posted by miyohiro at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カテゴリー説明:フオジンのサービス

このカテゴリーでは、主にフオジンジャパン株式会社で提供しているサービスについてや、サービスに関連する最新情報などを紹介していきます。
posted by miyohiro at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | フオジンのサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
フオジンオフィシャルウェブ:http://www.huojin.com
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。