2008年12月02日

中国政府、最低賃金引き上げを当面凍結(付録:中国主要都市の最低賃金2008)

ここ数年の間、毎年10%前後のペースで増加を続けていた中国の最低賃金ですが、最近中国の人力資源及び社会保障部(The Ministry of Human Resources and Social Security)が最低賃金の引き上げを当面凍結すると発表したと、新華社通信が報じたそうです。

世界金融危機の影響か中国国内でもリストラの嵐が続いていまして、先日もHSBC香港が400人以上をリストラしたというニュースもありました。

ただ、最低賃金は経済状況を表す一つの目安に過ぎず、全体的な傾向としては中国の人材はますます力を付け、付加価値の高い仕事にシフトしていっていると思います。

場合によっては数年は続くかもしれないこの不況感ですが、中国が再び盛り返し、コスト増加傾向がそのまま続いたとしても、日本企業は中国の活力を利用しないわけにはいかないでしょう。

安いから中国に出て行くのではなく、強いから協力していく。そんな時代がすぐそこまで来ています。
そのための準備を、今から進めています。


参考までに、現時点の中国主要都市の最低賃金をここにまとめておきます。
上海市:960元
広州市:860元
北京市:800元
青島市:760元
大連市:700元
瀋陽市:700元
長春市:650元
ハルピン市:650元
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110565617
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
フオジンオフィシャルウェブ:http://www.huojin.com
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。